悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

昨日、おじゃまっぷという
TV番組を観ました。
新百合ヶ丘で草なぎくんと
香取くんが踊っていました。
実際に生で観たかったです。

本日はカウンセリングの
効果についてのお話です。

私が考えるカウンセリングの
一番の効果は自分自身と
向き合えることにあると思います。

相談者さんの多くが
カウンセリングを受ける前は
自分のことが嫌いだったり
自分と向き合うことを
避けてきた方が殆どです。

そのため、
多くの相談者さんは
自分の気持ちを
大切に扱わない傾向にあります。

私がカウンセリングで
一番意識していることは
相談者さんの気持ちを
大切に取り扱うことです。

相談者さん本人よりも
相談者さんの気持ちを大切に
扱います。

その時どんな気持ちだったのか?

今はどんな気持ちに変化したのか?

カウンセラーの私が
理解している相談者さんの気持ちと
実際の相談者さんの気持ちは
本当に一致しているか?

相談者さんが感じたこと
傷ついたこと、辛かったこと
苦しかったことを
相談者さんになったつもりで
疑似体験します。

そして私が感じた気持ちを
相談者さんに伝え返し
気持ちを共有します。

私がこのように
相談者さんの気持ちを大切に
取り扱うのは、
私を通じて相談者さん自身に
自分の気持ちと向き合うことを
学んでもらうためです。

例えば、自分の気持ちを
大切にしましょうと
言葉でアドバイスしても
悩んでいる方の心には中々届きません。

そこで目の前にいる
カウンセラーが相談者さん以上に
相談者さんの気持ちを大切に取り扱う姿を見せて
自分の気持ちを大切にすることを
自然と学んで貰うようにしています。

このように自分自身と
向き合うことはどういうことなのかを
学んで貰えるカウンセリングを
私はいつも心がけています。

他のカウンセラーさんのことは
よくわかりませんが
少なくとも私のカウンセリングでは
自分自身と向き合ってもらうことを
いつも意識して行っています。

本日はカウンセリング効果に
ついてのお話でした。

よくあるご質問

 
今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
9月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 
メールカウンセリング内容について
 
9月の人気記事Best3

1位:たまには弱音を吐く

2位:意外な抑うつの原因

3位:かなり嬉しかったこと

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る