悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

本日、焼き肉ランチを食べました。
炭火で自分で焼いて食べることができます。
お値段もリーズナブルで大満足しました。
これだけで良い1日でした。

本日はカウンセリングでの学び
についてのお話です。

ある相談者さんに
教えて頂いたことです。

春先にその相談者さんが
カウンセリングの中で、
昨日、とても悔しいことがあったので
咲いている桜の木をゆすって
花びらを全部落としたかったと
教えて頂きました。

カウンセラーとして
相談者さんの悔しさを
私も味わいました。

そしてこんな言葉が
自然に出ました。

「よし、今から一緒に桜の木を
思いっきりゆさぶりに行きましょう」

やってはいけないことは
十分にわかっていましたが
私はその時、本気でした。

カウンセラーだけでなく
大人としても失格です。

相談者さんの方が
大人の対応で受け止めて頂き
実行することはありませんでした。

そして数週間後
その相談者さんと
再びカウンセリングを
行いました。

その時に教えて頂きました。

「前回のカウンセリングでは
本当に誰もが敵に見えるほど
卑屈になっていたけれど
一緒に桜の木を本気で
ゆすってくれる人がいるのだと
思えてから気持ちが
すっと落ちついたんです」

カウンセラーとして
また大人としての対応はマズかったですが
相談者さんにしっかり寄り添い
相談者さんの気持ちを味わって
素直にその気持ちを伝え返しできたことは
良かったと思えました。

ただしこのやり方は
相談者さんの方が大人でないと
通用しません。

私の未熟さを相談者さんが
時々カバーしてくれるからこそ
私のカウンセリングは
成り立っているのだなと
あらためて実感しました。

カウンセリングは
助け合いなんですね。

今後も決して驕ることことなく
謙虚な姿勢でカウンセリングを
続けていければと思います。

本日はカウンセリングで
私が学んだことでした。

よくあるご質問

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

カウンセリングメニューについて

3月の人気記事Best3

1位:ウィンガーディアム・レビオーサ

2位:公務員の方のお悩み

3位:自傷行為がやめられない心理

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る