悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

昨日、家族で近所の
スーパー銭湯に行きました。
個人的には某有名遊園地より好きです。

本日は自分の仕事が
適職かどうかの
見分け方についてのお話です。

サラリーマン時代の
私のゴールデンウィークは
仕事のことを忘れて
リフレッシュする時間でした。

ゴールデンウィークが終わると
絶望感に襲われ、
次の長期休暇をただひたすら
楽しみに待つという生活でした。

私のそれまでの仕事選びは
給与、福利厚生、休暇日数など
労働条件を重要視していました。

自分の適正や価値観と
向き合って仕事選びを
してきませんでした。

自分の価値観と向き合うことなく
労働条件で仕事を選んでいました。

結果、違和感や苦しさを
ずっと傍に感じながら
働いてきました。

カウンセラーとして
独立してからは
仕事が楽しくて仕方がありません。

仕事中一番感じる感情は
感謝の気持ちです。

自分でも仕事に対して
こんなスタンスで取り組めるとは
夢にも思っていませんでした。

最近ではありがたいことに
毎日カウンセリングを
行うことができるようになりました。

ゴールデンウィークも
関係なく働いております。

サラリーマン時代の自分なら
ゴールデンウィーク中も
休みなく働いていたら
嫌気がさしていただろうと思います。

しかし自分の好きな仕事を
するようになってから
休みなく働いていても
一切の苦痛を感じません。

定休日もボランティア活動を
しているので本当に1日オフの日が
そんなにありません。

にも関わらず苦痛を感じません。
これこそが適職なのだと思います。

本田宗一郎やイチロー、岡本太郎など、
おそらく寝る間も惜しんで
仕事や練習、創作活動に没頭していたと
思いますが一切の苦痛は
感じていなかったはずです。

彼らはただ楽しくて自然に
それが出来ていたはずです。

今の仕事が適職であるかどうかの
目安は休みがそこまでなくとも
苦痛を感じないか否かにあるように思います。

ゴールデンウィークが
終わろうとしている今
あなたはどんな気持ちを
抱いていますか?

よくあるご質問

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

4月の人気記事Best3

1位:自分の好きなことをやる

2位:NOと言ってみる

3位:カウンセリングでの学び

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る