悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

明日は息子の小学校の運動会です。
私は運動会会場の片付けという
役割も担っております。
明日はカウンセリング業務は
終日お休みとなります。

ここ最近、日大アメフト部の
反則タックル問題で賑わっています。

元監督、コーチ、日大広報部が
集中砲火を浴びている状況です。

世論が極端に偏りすぎている際
中道を意識するようにしています。

中道とは仏教用語で
相対的に対立している諸概念のうちの
いずれか一方に執着しないことを
意味します。

この中道を教えて頂いたのが
私のカウンセラーの師匠でもある
衛藤信之先生です。

今回の件で言えば、
世論側だけでなく
日大側の立場にも寄り添って
全体像をニュートラルに見る
意識を持つようにしています。

自身の価値観や私情を挟めば
私も世論側に傾いてしまいます。

しかし中道を意識して
反対の立場にもしっかり寄り添って
物事を考えてみると
全体像がよりニュートラルに
把握できるようになります。

盲目的に世論に流されてる人達の存在、
中道を見ようとしている人達の存在、
この問題に無関心な人達の存在などが
見えてきます。

これはカウンセラーの仕事において
とても大切な意識、考え方であると
ようやく最近になって
痛感できるようになりました。

自分の準拠枠を持って
相談者さんの話を聞くと
どうしても自分の偏見や
価値観、私情に引っ張られて
しまうからです。

衛藤先生の教えのひとつを
私は5年経過してようやく
腹に落として理解できるように
なりました。

私は中道で考えることの
大切さをいつも意識しています。

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

よくあるご質問

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

4月の人気記事Best3

1位:自分の好きなことをやる

2位:NOと言ってみる

3位:カウンセリングでの学び

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る