悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆復職判断について◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

来週末、カウンセラー仲間を対象とした
セミナーを開催します。
今からとても楽しみです。
資料作りが止まりません。

本日は、復職判断について書いてみたいと思います。

私のところに相談に来て下さる方の何割かは、
過去に休職して、復職したにも関わらず
また休職してしまった方になります。

お話をよく聴いてみたところ
多くの方が、休職1か月くらいで
復職したけれど、数か月後に
また職場に行けなくなってしまったようです。

適応障害は、ストレス源から離れると
心の負荷が下がってくるので
しばらくすると、日常生活は平気になってきます。

すると本人はすっかり元気になったと思い、
復職を急ぐようになります。

しかしこの判断は大きな誤りです。

休職1か月程度で、ストレス源と対峙すると
心の負荷は、以前の休職前の
状況にすぐに戻ってしまいます。

ストレス耐性がまだ十分ではありません。
その為に、休養が必要です。

心のストレス耐性が50%以下になると
職場に行けない状況だとしますね。

60%くらいで復職してしまうと
ちょっとしたストレスで、
すぐに50%以下になってしまいます。

これが復職を失敗する大きな要因です。

70~80%のストレス耐性まで休職中に
引きあげた状態で復職しないと
再発する可能性が高くなります。

焦る気持ちはわかりますが、急がば周れです。

ストレス源と対峙できそうかな?と思えてたら
ストレス耐性があがってきた証拠ですよ。

もしよかったら、あなたの今の心情を
思い切ってメールで全て吐き出してみませんか?
吐き出すことで心が軽くなりますよ。

あなたの心境をメールで全て吐き出してみませんか?こちらをクリック

不安を抱えている方は
是非、私にご相談下さい。

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)
よろしくお願いいたします。

適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。

0
いつあき予約
トップへ戻る