悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日は日中暑かったですね。
もう春ではなく完全に初夏ですね。
頑張れば海で泳げそうです。

本日は「全人格労働」についてのお話です。

皆さんは「全人格労働」という言葉を
ご存じでしょうか?

労働者の全人生や全人格を
業務に投入する働き方を
「全人格労働」と呼ぶそうです。

全人格労働を象徴する
こんなエピソードがありました。

————————
今年1月。東京都足立区のJR綾瀬駅で
ホームから人が転落し、
駅の約300メートル手前で電車が緊急停止。
約15分後、停車していた車内から
40代男性会社員が電車の窓を開けて
線路に降り、綾瀬駅に向かって
歩き出すという出来事があった。
男性の行為で、別の線路を走る
JR常磐線快速電車や直通運転している
東京メトロ千代田線も一部区間で
最大1時間運転を見合わせ、
10万人以上に影響が出る
トラブルになった。
男性はなぜ線路に降りたのか。
駅員に保護された男性は
「会社で大事な会議があり、遅れられなかった」
と説明したという。

————————

これは社会のルールよりも
会社のルールが最優先で
盲目的になってしまった人の
エピソードです。

全く笑い話にもなりません。

今の不景気な日本では
仕事で心に強い負荷を
感じている方の多くが
この「全人格労働」を
強要させられている
ように思います。

会社での価値観が
圧倒的に個人的な価値観より
上であることを強要され
それが常識とされます。

少し冷静に考えれば
異常であることがわかります。

これらを回避する為には
自分の価値観を自分で
大切に扱う必要があります。

組織内での常識に流されない為にも
自分の価値観を判断基準の
指標にすることが「全人格労働」を
回避する防衛策となります。

今一度、あなたが勤める組織内の
常識を疑ってみてください。

——————-

4月の新規メールカウンセリングのお申込み、お問合せはこちら
info@kokorolife.net

044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

3月の人気記事Best3

1位:自己開示をする

2位:自分のことが嫌いな方へ

3位:今を全力で過ごしてみる

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る