悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害で自宅で休養中に
あまりお勧めしないことがあります。

それは人生の大きな選択判断を
休養中にはしないということです。

例えば、休職中の会社を辞める、
転職する、独立する等々です。

これらの判断は適応障害の症状が
緩和され、以前と同じような
思考や行動が出来るようになってから
判断するようにしましょう。

適応障害で療養中はどうしても
大きな不安に襲われることが多く
冷静な判断を妨げてしまうことがあります。

不安から焦りが生じ、
1日も早く何か解決策を打ちたいと
思う気持ち、とてもよくわかります。

しかし休職中は
そこをぐっとこらえて下さい。

冷静な判断ができるようになる為に
まずは十分な心の休養が必要なんです。

急がばまわれです。

足を骨折したら、まずは骨がくっつくまで
ギブスを付けて安静にしますよね?

骨折した直後、歩く為のリハビリを行ったり
すぐに歩けないことを悩んだりしませんよね?

それは骨折を治す為の順序を
ちゃんと知っているからですよね?

適応障害も同じなんです。

まず以前のような冷静な判断が
できるようになる為にも
心の休養が必要です。

骨折と同じように
克服する為の順序があります。

最初にストレス源から離れて、
心を休ませてあげる必要があります。

休職中、大きな不安に襲われたり
自己嫌悪に陥ったり、眠れなかったり
休んでいても休めなかったりしているようであれば
まだ心が骨折している状態です。

その状態を素直に受け入れて
心の休息に努めましょう。

人生に大きな影響を与える行動は
休職後にしましょう。

休職中よりも広い視野で
多くの選択肢の中から
行動選択できるようになっています。

急がばまわれですよ。

まずは心の休息から始めましょう。

———————————-
無料メール相談のお知らせ

カウンセリングを受ける前に
是非、メールにてお気軽にご相談下さい。

無料メール相談はこちら

無料メールセミナーのお知らせ

魅力的な女性になる為の7つのステップ 無料メールセミナーご登録

自分らしくあることに自信がない女性の為のセミナーです。
魅力的な女性になりたい方は是非、ご購読下さい。

【内容】
1.自分を卑下しない
2.受け取り上手になる
3.好きなものを選ぶ
4.他人になろうとしない
5.自分の感情に従う
6.自分らしさを取り戻す
7.まとめ

無料メールマガジンのお知らせ

カウンセラーが本音で語る こころライフ通信 ご登録

【内容】
こころライフ通信という定期配信のメールマガジンです。
自分らしく生きることを主なテーマにしています。

カウンセリング現場の日常や
こころライフブログで反響の大きかったテーマも
本音を交えてより詳細にお伝えしていく予定です。

———————————-

新百合ヶ丘で活躍中 カウンセラー 大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る