悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆適応障害と診断された後の身の振り方について◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

ワールドカップの日本対コートジボワール戦
日本負けてしまいましたね。
次のギリシア戦に期待しています。

仕事が原因で適応障害と診断されて、休職している間に
次の身の振り方を考えておられる方も沢山いらっしゃいます。

私自身も、サラリーマン時代に適応障害と診断されて
休職中に今の会社は退職しようと自分では決めていました。

ただもうひとりの冷静な自分がいました。
今は適応障害で心の負荷がかかっている。
恐らく今は、冷静な判断ができない状況だろう。

人生の大きな判断、ましてや家族を巻き込むような
大きな決断は現状の心のバランスが回復するまで
待つ方がいいのではないか?

そう考えました。

結果、休職から復帰して2年、同じ会社で働きました。
その間に、自分と向き合って働くことに対して真摯に向き合いました。

結果、心理学を勉強して今の自分があります。

足を骨折した場合、骨がくっつくまで安静にしますよね?
骨がくっついてから、リハビリをする。
それから歩けるようになる。

これは皆さん理解できると思います。

心のバランスが崩れた場合も同じです。
冷静な判断ができるようになるまで、
まずは心を安静にする。

心を安静にする為には自分の心と向き合う必要があります。

ひとりでは中々、自分と向き合うことが難しいです。
その為にカウンセリングがあります。

是非、私にお気軽にご相談下さい。

無料メール相談も開設していますので
是非ご利用下さい。

無料メール相談はこちら

カウンセリングが必要な場合はこちらよりご予約下さい。

ご予約お問い合わせはこちらをクリック


お電話でのお問い合わせ

044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

また、適応障害で休養中の不安解消法について
大島が音声ファイルにて、説明しています。
お時間のあるときに是非聴いてみてください。

音声ファイルによる説明はこちらをクリック

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

適応障害・社会不安障害を克服したい
休職、リストラ、無職、転職が辛い
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。
Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。

0
いつあき予約
トップへ戻る