悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆休職中にお勧めの気分転換◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

映画、ハリウッド版ゴジラが好評みたいです。
日本の公開は7月、早く観てみたいです。

本日は、適応障害で休職中にお勧めの
気分転換方法についてお話したいと思います。

鬱状態になると、脳内物質のセロトニンが不足していること
わかってきました。

つまり、セロトニンの不足が心のバランスを崩す
原因のひとつなんです。

休職中は、何もする気がおきなくて
辛い想いをされている方も沢山いらっしゃると思います。

私も休職1か月目は何もする気がおきなかったので
よくわかります。。。

何もする気が起きなくて、困っている方に
是非ともお勧めの気分転換方法です。

最初やるのはちょっと辛いので
やる気になるまで、待って下さいね。

それは、朝の散歩です。

まず第一に、午前中の太陽の光を浴びると
体内時計をリセットすることができ
生活リズムと心身ともにリフレッシュすることができます。

パソコンに例えると再起動することができます。

さらに、太陽の光を浴びることで
脳内物質のセロトニンが分泌されるようになります。

セロトニンは、感情などを制御している脳内物質
これが不足すると心のバランスを崩してしまいます。

日照時間が非常に短い冬の間、
北欧ではうつ病が増加します。
これは日照時間と関連していることがわかっています。

休職中に、少しでもやる気があれば
歯を食いしばって、朝の散歩に出かけてみて下さい。

1時間程度、外の光を浴びて下さい。

散歩が辛いなら、午前中、日の光が
あたる場所で過ごして下さい。

本当に何もやる気が起きないときは
無理する必要はありませんよ。

もしよかったら、あなたの今の心情を
思い切ってメールで全て吐き出してみませんか?
吐き出すことで心が軽くなりますよ。

あなたの心境をメールで全て吐き出してみませんか?こちらをクリック

カウンセリングが必要な場合はこちらよりご予約下さい。

ご予約お問い合わせはこちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

また、適応障害で休養中の不安解消法について
大島が音声ファイルにて、説明しています。
お時間のあるときに是非聴いてみてください。

音声ファイルによる説明はこちらをクリック

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

適応障害・社会不安障害を克服したい
休職、リストラ、無職、転職が辛い
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。
Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。

0
いつあき予約
トップへ戻る