悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆復職判断について◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

台風一過で関東は朝から晴天です。
半袖でちょうどいい気温です。
ビアガーデンの季節がやってきました。

本日は復職判断についてのお話です。

相談者さんの中で時々、
お医者さんが指定する休職期間よりも
早く復職しようとする方がいます。

ご本人は休職したことで
上司や同僚に迷惑がかかるとの思いから
1日でも早く復職しようと焦っています。

ここで焦りからお医者さんの診断よりも
早い時期に自己判断で復職してしまうと、
多くの方が再度休職することになります。

ご本人の元気が50%を切ったら
休職してしまうと仮定します。

復職を焦って早めようとする方は
自分の元気が52%くらいになったら
復職可能と自己判断してしまいます。

しかしその状態で、復職しても
ストレス耐性がたった2%しかない為
またすぐに休職してしまいます。

焦りは禁物です。

復職の目安は、睡眠、食欲、興味関心事が
支障なく2週間以上続いたときになります。

簡単に言えば、休職期間が
楽しく思えてきたら復職の目安です。

そうなる前に復職を急ぐと
再度休職する可能性が高いです。

また短期間に休職を
繰り返したことで
すっかり自信を失い
復職時期がさらに伸びることになります。

復職のコツは急がば回れです。

今1人で悩んでいる方は
もやもやした気持ちをここで吐き出してみませんか?
少しスッキリしますよ。

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
富山県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る