悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆情報をあまりインプットしない◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

小学2年生の息子が家に帰ってきたときに
死んだフリをして驚かせようとしたのですが
すっかり冷めた態度で呆れられました。

本日は、休職中の過ごし方についてのお話です。

休職中、テレビを
見る気がしなかったり
本を読む気がしない場合、
無理してテレビを見たり、
本を読まないで下さい。

心が疲れているときに
沢山の情報を入れるとさらに
心が疲れてしまいます。


余計に緊張感が増し、
興奮状態になります。

夜寝る前に、スマホを見たり
パソコンでインターネットを
楽しんだりすると
情報が目まぐるしく
インプットされるので
頭が活性化されて、
さらに不安になったり
落ち込んだり、
眠れなくなったりします。

何もする気がない状態は
とても理に適っていて
情報を遮断している状態です。

情報を遮断することによって
心を安静にしようとしています。

もし夜に目が冴えて眠れない方は
寝る2時間前あたりからテレビや
スマホを見ることをやめてみてください。

自然と夜、眠れるようになるハズですよ。

1人で悩みを抱えている方は
ここでもやもやした気持ちを
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
栃木県、富山県、愛知県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る