悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

8月に入ってさらに暑くなりましたね。
夜、ひんやりジェルマットを敷いて
寝ているのですが、暑さのあまり
マットがひんやりしません(笑)

アインシュタインの名言で
「常識とは18歳までに身に付けた
偏見のコレクションのことを言う」

というものがあります。

皆さんが今まで当たり前だと
思っていることも
実は自分の思い違いだったり
偏見だったりすることが沢山あります。

人間関係をひとつとってもそうです。

本当に大切に思っている
仲間だからこそ、ときには
苦言を呈することもあるかと思います。

しかし中には、
それを単なる自分に対する攻撃と
捉えてしまう方もいます。

その苦言をありがたい
アドバイスとして受け取るか
単なる悪口として受け取るかは
本人の物事の捉え方ひとつです。

言葉の捉え方も人それぞれです。

例えば
「大丈夫?」という言葉でも
自分のことを心配してくれているのだと
愛を感じる方もいれば、
あなたのことは一切信用していません。
本当に私の期待に応えることができるのですか?
という皮肉に捉える方もいます。

まさに自分が身に着けた常識は
偏見なのかもしれないのです。

常に自分の常識を疑ってみると
自分の偏見に気がつくことがあります。

コツは自分が常識だと思っていることの
反対を考えてみることです。

例えば私の場合ですが、
「大人は人様に迷惑をかけて生きてはいけない」
という常識は
「大人になっても時には人に迷惑をかけて生きてもよい」
に変換してみました。

「お金を稼ぐ為には我慢が必要である」
という常識も
「お金を稼ぐことは楽しいことである」
とこちらも変換してみました。

このように自分の今までの常識と
真逆のことを考えてみます。

我々日本人は特に
人に嫌われることを極端に恐れます。

それは和を重んじる
独自の文化がある為です。

この日本人特有の常識も疑ってみます。

「自分は誰にも嫌われてはならない」
という常識も
「自分は誰かに嫌われてもいい」

こう考えてみます。

反対に考えてしっくり来るものがあれば
自分の偏見にも気が付くかもしれません。

皆さんはどんな常識をお持ちでしょうか?

1人で悩みを抱えている方は
ここでもやもやした気持ちを
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
栃木県、富山県、愛知県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る