悩む前より心が強くなるカウンセリング

◆嫌なことを自分でも認める◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

先日、「All You Need Is Kill 」
という映画を観てきました。
トムクルーズが主演しています。
私、宇宙人侵略ものが大好きです。
今回、トムクルーズが人間臭くて好きでした。

現在、仕事に行くことが辛かったり
適応障害と診断されて苦しかったり
悩んでいる方は沢山いると思います。

悩んでいるときのパターンとして
くよくよ悩んでいる自分を責めて
無理にでも前向きになろうと
努力する方がいます。

多少のストレスでは、
その方法で対応できると思います。

ただ大きなストレスを抱えている場合は
中々、前向きになろうとしてもなれませんよね。

そういう場合は、ストレスと向き合うことが大切です。
無理にストレスを遠ざけようとすればするほど、
そのストレスに振り回されてクタクタになってしまいます。

例えば、自分が嫌だなと思っていることを
自分できちんと認めてあげることです。

こんなことを嫌だと思う自分が情けないとか
人間として器が小さいとか、未熟だと思って
その嫌な気持ちを自分で認めないでいると
ずっと自分を責めてしまいます。

私は、自分の器の小ささを認めています(笑)
自分の人間として器はこれくらいだから、
確かにそれは嫌だよな、うん。

私の場合、それから少し笑えるようになりました。
さすがに器、ちっちゃすぎるだろ(笑)

という感じです。

自分を卑下しましょうと
言っているのではありませんよ。

今の自分をそのまま受け入れて
許してみるということです。

理想の人間の器を
現実の自分の人間の器だと
誤認してしまうと苦しくなるのかもしれませんね。

適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録

適応障害で休職中の方のためのメールマガジンを発行しました。
今なら登録された方に、「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です。(約19分)

もしよかったら、あなたの今の心情を
思い切ってメールで全て吐き出してみませんか?
吐き出すことで心が軽くなりますよ。

あなたの心境をメールで全て吐き出してみませんか?こちらをクリック

カウンセリングが必要な場合はこちらよりご予約下さい。

ご予約お問い合わせはこちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。

いつあき予約
トップへ戻る