悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆不安の解消法について◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

11月に入りました。
もう今年もあと2ヵ月なんですね。
2014年は始まったばかりだと思っていましたが
1年の経過が早すぎます。

本日は、不安解消法についてお話したいと思います。

休職中、一人で家で過ごしていると
何もせずに休んでいる自分に罪悪感を感じたり
不安に押しつぶされそうになったりしますよね。

そんなときに有効な方法があります。
自分の不安と徹底的に向き合ってみる方法です。

やり方は簡単です。

「自分は今とても不安だ」と口に出してみます。
不安であることをしっかり口に出して認めます。

その次に、どんな不安があるのか
それをノートやメモ帳に書いて1行づつ書いていきます。
紙でなくてもパソコンやスマホのメモ帳に書いても構いません。

今の不安な気持ちが何がどうなれば解消されるのかを
具体的に書いていきます。

小さな不安までしっかりとことん書くことが大切です。

書いた不安要素が全部なくなれば
100%今の不安な気持ちが無くなるハズだという
ところまで書き足していきます。

これだけです。

これをやるだけで、不安な気持ちが軽減しているハズです。

氷水に手を浸す実験で、こんな実験結果がでました。

IMG_2239
Aグループは、
痛くないと思いながら氷水に手を浸します。

Bグループは
手を浸したとき、具体的にどこがどう痛むのかを
ずっと説明して貰いながら氷水に手を浸します。

どちらのグループが長い時間氷水に手を
浸すことができたかと言えば、
圧倒的にBグループでした。

人間は、得体のしれないものに対して
より強いストレスを感じます。

具体的にどこがどう痛むのかを自分で自覚できれば
その痛みに対するストレスが軽減されるのです。

同じように不安な気持ちも、無理に元気を出そうとして
不安な気持ちと向き合わないでいると
その得体のしれない不安に強いストレスを感じてしまいます。

自分がどのような不安を抱えているのか
具体的な不安要素について考えみることで
不安の正体がわかり、ストレスが軽減されていきます。

私のカウンセリングでも
相談者さん自身の不安な気持ちを伝え返すことで
ご自分の中で気がつかなかった気持ちと
向き合うことができるようになります。

不安を抱えている方は
是非、私にご相談下さい。

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)
よろしくお願いいたします。

適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。
九州、沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る