悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆私が休職中だったときに学んだこと その1◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

12月になりました。
もう今年も1か月なんですね。
私がカウンセラーとして
デビューした2014年はとっても
刺激的な年になりそうです。

本日は、私が3年前に
休職したときの
お話をしたいと思います。

自分で言うのもなんですが
私は社交的で明るくて
結構我慢強いところもあり
精神的にはタフな方だと
思っていました。

そんな自分が休職前には
頭が回らなくなりました。

仕事に対する意欲もなくなり
さらには全てのことに
興味関心が
なくなっていきました。

どんどん生きることへの
執着心も薄らいていきました。

まさか自分がこんなことに
なるとは夢にも
思っていませんでした。

自分が心の病に
かかるなんて
これっぽっちも
想像できませんでした。

しかし休職前などは、
もうふらふらでした。

とにかく1日中布団の中で
包まって眠っていたい。

そう願うだけの
毎日を過ごしていました。

実際休職して家で
休んでいても
職場からドロップアウトした
自分をただひたすらに
責め続けました。

働き盛りで
妻子がいる身であることが
余計に自分を責めました。

そして布団に包まって
1日中、眠っていました。

しかしあるとき、
ふと思い出したのです。

アインシュタインの名言です。

同じことを繰り返しながら、
違う結果を望むこと、
それを狂気という。

私は、布団の中で
今の現状をどうにかして
変えたいと望んではいるが
行動していないことに
気がついたのです。

私は自分の考えや行動を
変えることなく
今の現象が変わるように
願っていたのです。

この当たり前のことに
気がついたとき
私は適応障害克服の
第1歩を歩み出しました。

この気付きは衝撃的でした。

それから私は
現状を改善するため
今できることを考えるように
なりました。

最初にやったことは
自分をいくら責めても
何も変わらないことを
受け入れることでした。

少しづつでもいいので
克服に近づく為の
行動をとり続けようと考えました。

そこでもまた私は
失敗しそうになりました。

長くなったので、
続きは明日お話します。

ランチ会のお知らせ
12月15日(土)12:00に新宿で食事会を開催します。

お互いの所属欲求を満たすことが
目的のランチ会です。
楽しくご飯を食べながら
お話するだけの会です。

参加費用はランチ代のみです。
1500円程度を予定しています。

ご興味のある方は、info@kokorolife.net まで
ご連絡下さい。
詳細な情報をお知らせいたします。

24h Webにてカウンセリング予約可能

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

youtubeでこころライフちゃんるを開設しました。


メンタルヘルス ブログランキングへ

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。
九州、沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る