悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆変わるということの意味◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日は西新宿でセミナーに参加してきました。
経営コンサルタントで作家の神田昌典さんを
生で観れて幸せな1日でした。

本日は変わるということについて
お話したいと思います。

もちろん、相談者さんにとっての
「変わる」についてのお話です。

子どもの頃に悩んでいたことは
大人になったら自然に
悩まなくなったと思います。

例えば、
夜1人で眠るのが怖い。
1人でお風呂に入るのが怖い。
注射が怖い。

こんなことを子どもの頃に
悩んでいたことありませんか?

しかし大人になると
同じ状況になっても
もう悩みません。

夜1人で寝ること、
1人でお風呂に入ること、
注射されること、
すべて状況は変わっていません。

にも関わらず本人は悩んでいません。

つまり本人が
その状況を問題としない、
手放した瞬間に
悩みではなくなっているのです。

問題を手放して、その状況を
問題と見なさなくなったときに
人は変わるのです。

相談者さんの多くが
沢山の問題を抱えています。

私はカウンセリング中、
その問題が本当に自分の問題なのか?
また抱える必要があるのか?
それを相談者さんに問う時があります。

すると、自分の問題ではないことに
気が付いた相談者さんは
その問題を手放すことを決意します。

その瞬間に、
今まで問題だったものは
もう問題ではなくなっています。

自分の殻、限界を超えた瞬間です。

その時、人は変わります。

自分の問題を手放して
変わりたい方は
私にご相談ください。
24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

 

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
富山県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る