悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆復職後に気を付けること◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日は朝からくしゃみが止まりません。
花粉が多いのかもしれません。
花粉症の皆様、お互い頑張りましょう。

本日は、復職後に
気を付けることについて
お話します。

復職すると多くの職場では
リハビリ期間があり
しばらく午前中のみ出社や
残業なし就業など
考慮してくれると思います。

復職した本人は休職して
迷惑をかけてしまったという
思いが強いので
何とか仕事で挽回しようと
頑張ろうとします。

しかし職場では
リハビリ出社の間は
復職者に無理な
残業をさせることが
できない為、
負担の少ない仕事を
復職者に割り振ることになります。

復職した本人がまだ自分を責めたり
物事の悪い面をみてしまう癖を
持ち合わせていた場合は
悲しい誤解が生まれます。

復職しても十分な仕事を
与えられない自分は
やはり会社のお荷物だったのだと
自分を責め、
余計に落ち込んでしまうのです。

復職した方は、リハビリ期間中
無理をしないことが自分の仕事だと
思ってください。

自分を責める必要は全くありません。
職場にはそれぞれ復職ガイドラインに
則った決まりがあります。

あなたの職場で誰が復職しても
同じような復職プログラムが
実行されるハズです。

復職直後に頑張りたいのに
会社が通常の仕事をさせて貰えないのは
誰しもが陥る復職直後の壁になります。

安心して今できることだけ
やってくださいね。

復職直後でも心のもやもやが
取れない方はご相談ください。

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
富山県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る