悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆休職1か月目の過ごし方について◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

夏らしい日々が続きますね。
ようやくビアガーデンが
美味しい季節になりました。
とっても嬉しいです。

本日は、休職1か月目の
過ごし方についてお話します。

初めて休職された方は、
どうやって休職期間を過ごしてよいか
わからないと思います。

無理やりポジティブになろうとしたり、
落ち込む自分を責めてしまったり、
仕事のことばかり考えて不安な気持に
襲われたり、
今後、自分はこのままの状態が
続くのではないか?と心配したり、
色々ですよね。

1か月目の過ごし方によって
その後の休職期間が変わってきます。

それくらい1か月目の過ごし方は
大切なんです。

結論から言いますと
休職して2週間は、
自分の心のままに過ごすことが
大切です。

例えば、
・ご飯を食べる気がなしない場合は食べない
・眠れない場合は、眠らない
・何もしたくなければ何もしない
・1日中、寝ていたいのであれば寝る

とにかく生理的な欲求に従って
2週間過ごしてみて下さい。

ご家族がいる方は、
これから2週間は
自分の好きなように過ごすから
どうか心配しないで欲しいと
断っておきましょう。

気がすむまでとことん
自分の心の赴くままに
2週間を過ごします。

すると、勝手に気分が変わります。

ご飯を食べる気になってきます。
眠る気になってきます。
何かしたくなってきます。
起きたくなってきます。

勝手に気分が変わるまで
とことん自分の心の思うように
過ごしてみてください。

この時期を経験すると
その後の休職期間の過ごし方が
大きく変わってきます。

休職中の過ごし方マニュアが完成しました

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

1人で悩みを抱えている方は
ここでもやもやした気持ちを
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
栃木県、富山県、愛知県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る