悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

午後からボーリングに参加後、
とあるセミナーに出席します。
ボーリングをやるのは久々です。

本日は、メールマガジンの読者の方より
怒りの鎮め方について質問を頂きましたので
ブログで回答したいと思います。

心理学の観点からお話しますね。

結論から申し上げると
怒りとは、第2感情である。

つまり怒りという感情は、
1番目の感情を通過した後に
湧きあがる2番目の感情なんですね。

では、怒りの前に湧きあがる感情とは
一体なんでしょうか?

それは期待です。

怒りとは、期待という感情が裏切られた結果
湧き上がっている2番目の感情なんです。

仕事中などで、怒りを感じたとき
1番目の感情を探してみることが大切です。

自分はどんな期待を持っていたのだろう?

こう考えるだけで、
少し冷静になることができます。

怒りという感情は少し間をおいて
冷静になるだけで鎮めることができます。

沸騰したお湯も火を止めると
すぐに沸騰しなくなりますよね。

怒りもそれと同じです。

怒りの感情を感じたときは
自分が何を期待していたのか
少しの間、考えることで
怒りを鎮めることができます。

怒りを感じたときは、
大きく深呼吸することも
有効です。

怒りを感じたら、
自分が期待していたことを考えたり
深呼吸したり、怒りに集中しない時間を
少しだけ確保できれば、怒りの温度は
ぐっと下がります。

また誰かに理不尽なことをされて
怒りがこみ上げてきた場合でも
そんな未熟な相手を許した
自分は成熟した大人なんだ。

今は成熟した大人になる為の
訓練なのだ。

そう考えてみてください。

結婚生活を続けるだけでも
怒りを鎮める術は
自然に学べます(笑)

1人で悩みを抱えている方は
ここでもやもやした気持ちを
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

24時間いつでも予約確定できるようになりました。こちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

メルマガのお知らせ
適応障害で休職中の方のためのお仕事に復職できるメルマガご登録
適応障害で休職中の方のためのメールマガジンです。
登録された方には、もれなく「適応障害の付き合い方 7つのポイント」の
音声ファイルを無料プレゼント中です(約19分)

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

休職、リストラ、無職、転職が辛い
家庭、結婚生活、学校が辛い
適応障害・社会不安障害を克服したい
仕事に復職したい
自分らしく生きたい、働きたい
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市、千葉県、埼玉県、
栃木県、富山県、愛知県の方よりご利用頂いています。

Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、関東、甲信越、東海、関西、九州地区の方よりご利用頂いています。
2015年、ついに日本列島制覇しました。

沖縄の方のご利用お待ちしております。

0
いつあき予約
トップへ戻る