悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

昨日のロシアンたこ焼きは
とてもインパクトがありました。
少したこ焼きが怖くなっています(笑)

ロシアンたこ焼き

本日は不安を解消するのに
役に立つ方法をお知らせします。

・心配なことが次々と頭に浮かんでくる
・不安に襲われることが多い

そんなときは、
自分自身に暗示をかけることで
不安を解消することができます。

気持ちが不安定な状態は
まさに不安の暗示が
自分にかかっている
状態なのかもしれません。

その状態を逆の暗示で
解消していく方法です。

人はリラックスしたときに
暗示が掛かりやすくなります。

リラックス状態とは、
脳波がα波になっているときです。

脳波がα波になるときは
起きた瞬間と寝る瞬間、
後は湯船に浸かっているときです。

つまりこの3つのときに
「大丈夫」という言葉を
自分の耳に聴こえるように
つぶやきます。

何度も繰り返し行うことが
ポイントです。

どんどん自分の心の底に
「大丈夫」という言葉が
浸透していきます。

今まで不安に襲われやすい方は
寝起き、寝る前、お風呂のときに
不安になりそうな言葉をつぶやいていたり
想像していたりしていなかったでしょうか?

もし心当たりがあるなら
それも暗示によって引き起こされた
可能性が高いです。

脳波がα波のときは
意識的に「大丈夫」という
言葉を繰り返し使って
自己暗示をかけていきましょう。

この度、適応障害で
悩んでいる方を対象に
ワークショップを開催します。

その為のモニターとして
ご協力頂ける方を募集しています。

ワークショップ形式で
実施することで、
他のメンバーの方のお悩み
考え方から新たな気付きや
学びを得ることを
目的としています。

参加費は無料です。

日時:2015年11月2日(月)13:30 (2時間程度)
場所:武蔵小山

ご興味のある方は
メールにてご連絡ください。

0
いつあき予約
トップへ戻る