悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

9月より、海老蔵さんの妻である
小林麻央さんがブログを始めました。

9月4日の麻央さんの記事に
私も非常に同感できる気付きがありました。

麻央さんは自身のブログで
このように述べていました。
——————————–
何で頑なに
こんなに自分を苦しめる必要が
あったのだろう。

私、悪いことしたから病気になった
わけでもないのに、
なんで勝手に罰みたいに
苦しんでいたのだろう。

——————————–

これは我々にも
当てはまることではないでしょうか?

本当に苦しくて辛い仕事なのに
適応できない自分を責める。

子育に悩むお母さんは
自分が母親として未熟だからと
自分を責め続ける

介護に疲れはてた人は
誰かに助けを求めることに
罪悪感を感じる

親は子供に、先生は生徒に
自分の弱さをさらけ出すことを
禁止令にして自分を追い詰めていく

我々も、同じように
必要以上に苦しむことを
自分に課していないでしょうか?

その苦しみは本当に自分が
苦しむべきものなのでしょうか?

弱音を吐いたり
誰かに助けを求めることは
決して許されないこと
なのでしょうか?

そんな自分を許さないことに
明確な理由はあるのでしょうか?

もっと自分が幸せになるために
楽に生きることを求めるのは
本当にいけないことなのでしょうか?

今回の麻央さんのブログ記事を見て
あらためて考えさせられました。

2016年9月25日(日)
大阪駅近くのカフェで
出張カウンセリングを実施します。

カウンセリング場所は
グランヴィア大阪のラウンジで
開催予定です。

実施時間は以下のとおりです。

午前10:00~12:00まで 1名
午後12:00~14:00まで 1名
午後14:00~16:00まで 1名

1回のカウンセリングは
90分よりお伺いいたします。

関西地区の皆様とお会いできることを
楽しみにしています。

悩む前より
心を成長させてみませんか?

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

8月の人気記事Best3

1位:カウンセラーが相手に寄り添う場合

2位:相手の価値観に寄り添うことについて

3位:保険言葉を使わない

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る