悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

クリスマスプレゼントに買った
セガ復刻アーカイブスが面白すぎます。
ゲームセンターが一台の携帯マシンに
入ってしまいました。

本日は口癖を変えてみる
というお話です。

fce37faccad4f003462464d6ab602228_s

ネガティブ思考の人は
「どうせ」
「でも」
「スミマセン」

といったものが
口癖として多いです。

いつも誰かの悪口や
不平、不満ばかりを
口にしている人もいます。

皆さんも考えて見てください。

この1週間のうち、
誰かを褒めたり、励ましたりする言葉と
誰かを貶したり、落ち込ませる言葉と
どちらの方が多く使っていたでしょうか?

私の場合
気分が落ち込んでいたり
悩んでいる時は、
マイナス思考の言葉を
沢山使っているように思います。

すると益々うんざりするような
出来事が次から次へと
舞い込んでくるように思います。

逆に、誰かを褒めたり、
励ましている
言葉を使っている時は
自分も元気になったり
思考も行動もポジティブに
変わっていくように感じます。

言葉は言霊とも言われます。

私は言葉には
とても大きな力があると
考えています。

自分で口にした言葉は
当然自分の耳に届きます。

毎日、ネガティブな言葉を
自分の耳で聴いていると
潜在意識に働きかけ、
やがては自己暗示に
かかるようになります。

そのため、
日常で自分が口にする言葉は
非常に大切です。

誰かを褒めたり、
勇気を与える言葉を沢山使う人は、
無意識にうちに自己暗示にかかり
自己肯定感を高めることができ、
自然に勇気が湧いてくるようになります。

あなたが
自分の声で一番よく聴く言葉は
何でしょうか?

「スミマセン」をよく使っている人は
今日から口癖を
「ありがとう」に変えてみませんか?

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

11月の人気記事Best3

1位:変化のサインについて

2位:感謝を味わう

3位:第2回お茶会参加ありがとうございました

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る