悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

去年からMacBookを使っていますが
とても快適です。
デスクトップもMacに変更してみても
いいような気がしてきました。

本日は、休職中の過ごし方に関するお話です。

休職中は生活リズムが
夜型になりがちです。
昼間まで寝て、
午後にやっと起きて明け方に寝る。

そうなると、
昼間でも部屋着のままで、
外出することもおっくうになります。

そして無意識に自堕落な生活を
している自分を責めてしまいます。

無意識に責めているので
自覚はありませんが
どんどん気が滅入ってきます。

これを打破するには
朝型の生活リズムを維持することです。

働いていた時間と
同じ時刻に起きて
外出する予定がなくても
朝の支度を整えて、
外出できる服に着替えておく。

これだけで1日の気分が
違ってきます。

いつでも外出できる支度を
整えておくだけで、
無意識に自分を責める気持ちが
軽くなります。

私の場合、自営業になって
朝早く支度をする必要がなくなった為
一時期、夜型の生活リズムに
したことがありました。

昼前に起きて、
午後から仕事をするようになったのですが
どうも気分がスッキリしないような
後ろめたい気持ちを感じるようになりました。

1日のダラダラした行動が
気持ちを引っ張っているのだと考え
朝に予定がなくても朝早くに起きて
身支度を整えてみました。

結果、後ろめたさのような
自分を責める気持ちがなくなり
1日、気持ちよく過ごせるようになりました。

長年染み付いた自分の生活リズムを
変化させるとそれがストレスになります。

人間は変化することに
ストレスを感じます。

私の場合、朝型のリズムで
ずっと生活していたので、
夜型の生活リズムが
ストレスになっていました。

現在休職中の方で
今まで朝型の生活リズムだったのに
休職してから夜型に変わった方は
意識して朝型の生活リズムに戻してみてください。

自分を無意識に責める気持ちが
すっと軽くなるハズです。

休職中はできるだけストレス負荷を
かけないことが大切です。

生活リズムの変化は
それだけでストレスになります。

第5回 お茶会のお知らせ
今回はサイコロトークです。
残り2名募集中です。
—————————————
場所: ミューザ川崎シンフォニーホール 研修室3
    https://www.kawasaki-sym-hall.jp/access/
    ※JR川崎駅 下車徒歩3分
日程: 2017年3月6日(月) 19:00 ~21:00
定員: 8名
料金: 2,000円
※お飲み物は、各自必要に応じてお持ちください。

—————————————

ご興味のある方は
以下のメールアドレスにて
お知らせください。

info@kokorolife.net

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
2月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 
1月の人気記事Best3

1位:隣の芝生は本当に青く見える

2位:大人としてのたしなみ

3位:悩む価値のある領域

2016年人気記事

カウンセラーが相手に寄り添う場合

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る