悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日は久々の雨です。
降雨量が日本各地によって
バラバラですね。

本日はカウンセラーの師匠から
教えて貰ったお話です。

師匠はもう現役を引退されましたが
三鷹で20年以上専業カウンセラーとして
ご活躍されていた方です。

本当に専業カウンセラーだけで
20年以上開業されている方は
日本において師匠しかいないと思います。

純粋にカウンセリングを愛している方です。

私がカウンセラーとして
独立する際に、実務的なことや
カウンセラーとしての心得、
カウンセリング事例のレクチャー、
教育分析まで行ってくださった
師匠となります。

その師匠に最初に教えて貰ったことです。

「自分を卑下することは
人生において何一つ役に立たない、
今からすぐに手放しなさい」

というものでした。

・自分はダメだ
・自分は最低だ
・自分は弱い

そんな風に自分を責めたり、
卑下することは
人生においてなんの役にも
たってないのですね。

私は師匠の言葉を聞いたその日から
頑なに守っている教えです。

ふいに自分を卑下しそうな
思考が湧いてきたときは
この言葉を思い出せと
師匠に言われました。

自分を卑下しそうになると
いつも師匠のこの言葉を思い出します。

自分の人生にとって
全くなんの役にも立たないことを
今自分は考えようとしている。

当時の師匠の言い方が
面白かったです。

「全く、なんーにも、
これっーぽっちも、
一切役には立たないっ!!」

と真顔でブレることなく
言い切っていました。

それを思い出すと
ふふっと笑ってしまって
自分を卑下する思考は
いつもどこかに消えてしまいます。

これはカウンセラーだけでなく
どんな人にも当てはまる
教えだと思います。

もし自分を責めたり、
卑下する癖がある方は
私の師匠の教えを
このブログを読んだ今から
私と一緒に守ってみませんか?

よくあるご質問

 
今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
7月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 
メールカウンセリング内容について
 
6月の人気記事Best3

1位:自分を毎日褒める

2位:仙台出張カウンセリングの件

3位:タイムバジェットについて

2016年人気記事

カウンセラーが相手に寄り添う場合

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る