悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

この週末はとっても温かかったです。
春の陽気でした。
2月でこの陽気は珍しいですね。

本日は宮崎衆院議員の
辞職会見についてのお話です。

syazai

宮崎議員は、男性国会議員として
初めて「育児休暇取得」を表明した
議員さんです。

宮崎氏は、妊娠中の奥さんが
出産準備で実家に帰っている間、
浮気していることを週刊文春に
スクープされました。

このことを受けて
辞職会見を行いました。

その辞職会見での
宮崎氏の非常に
誠実で正直な回答に
私は潔さを感じました。

そして過ちを犯した際は
改めて正直に誠実に謝ることが
とても大切だと教えて貰いました。

政治家でここまで誠実に
正直に自分の非を認めて
謝罪した人を
私は見たことがありません。

特に、以前、浮気相手の女性を
知らないと答えたのはなぜか?
との問いに、宮崎氏は以下のように
回答しました。

——————
知らないと申し上げたことにつきまして、
動揺してしまって、
とっさにうそをついてしまったこと、
大変恥じております。
あのとき失礼な態度をとったことに
関しておわび申し上げたいと思います。
申し訳ございません。
さらに言いますと、
その時にどうにかして
ごまかせないものかと考えてしまいました。
正直なところでございます。
お互いが黙っていれば
大丈夫だからというふうに考えました。
恥ずべき思考であり行動だったと思います。

——————

自分が同じ立場になったことを
想像してみました。

ここまで正直な気持ちを
打ち明けて謝罪することが
出来るだろうか?

恐らく私なら
どこかに誤魔化そうとする
気持ちが働き、
ここまで正直な自分の気持ちを
打ち明けて謝罪することは
できないと思いました。

間違いを間違いだと認める
勇気を持つ人は自分にも
他人にも誠実な人なのだ
と私は思います。

ありのままの自分を
受け入れるとは
まさにこのことです。

非常に勇気のいる行為です。

人の本性は
過ちを犯した後の
謝罪の態度をみれば
とてもよくわかります。

過ちを犯したときこそ
正直に自分の非を認める
誠実さを心がけようと
改めて思いました。

宮崎氏が行った過ちは
確かにお粗末なものでしたが
その後の謝罪した態度は
尊敬できるものでした。

どんな情けない自分であっても
ありのままを受け入れる
そんな本当の勇気を
見せて貰ったような気がします。

1月の人気記事Best3

1位:女性の96%が自分の容姿に自信がない

2位:自信がない人は優秀

3位:恐怖症の克服について その3

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る