悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

5月の新規メールカウンセリング
募集があと4名となりました。
定員に達した場合、
新規募集は来月となります。

本日はわかっていても
やめられない心理についてのお話です。

相談者さんの中に、
自覚できている心の癖を
わかってはいても
変えることができずに
悩んでいる方は多いです。

例えば、
自分の意見を主張することが
苦手で、いつも他人に
意見を合わせてしまう。
それが原因でいつもストレスが
溜まって苦しくなる。

癖とは、わかっていても
やめられないことです。

話し方、行動、考え方
それぞれに癖はあります。

これらを改善する為の
第一歩は、
自覚して認めることです。

自覚することは出来ていても
心の底から認めることができないと
その癖を改善しようと決心できません。

例えば、自分は他人より
食べ過ぎる傾向がある
という自覚を持っていたとしても、
自分は太っている
ということを認めないことには
ダイエットは決意できません。

心の癖も同じです。

自分の意見を
主張することが苦手な人は
意見を主張して批判されることを
恐れている弱い自分を認めることが
できなければ変わることができません。

目をそむけたくなるような
自分の弱さと向き合い
それをしっかり受け入れる必要があります。

ある意味開き直りが大切です。

自分にはこんな弱さがある。
こんな情けない一面がある。
でもそれが今の自分なんだ。
それがどうした。

これが出来て初めて自分の心の癖と
対峙できるようになります。

文章で説明すると
簡単そうに見えますが
これが中々、苦しみもがき
悩むことになります。

今、お悩みの方は
ぜひ私にご相談ください。
一緒に伴走させて頂きます。

5月の新規メールカウンセリングのお申込み、お問合せはこちら
info@kokorolife.net

044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

4月の人気記事Best3

1位:自分から与え続ける

2位:今ここに生きる

3位:人生相談とカウンセリングの違いとは?

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る