悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

最近、周りの方からも痩せた?
と言われるようになりました。
脱ビールが効いている気がします。

本日はカウンセリング
終了判断についてのお話です。

私のカウンセリングの
特徴のひとつに、
次回予約を強要しない
という点があります。

またカウンセリング終了についても
私の方から宣言することもありません。

あくまでも、
相談者さんのペースで
カウンセリングを受けて頂くことが
重要だと考えています。

もちろん、カウンセリング回数や
ペースについてご相談を受けた場合は
目安をお知らせすることはあります。

私のカウンセリングを
受ける受けないの判断は
相談者さんが主体性を
持って決めて頂きます。

これも精神的自立を目指す為の
大切なトレーニングになると
私は考えています。

では本日の本題となる
カウンセリング終了判断は
どうすればよいのか?
です。

答えはとってもシンプルです。

もう大島なしでも自分だけで何とかやれそう

そう思えたときが
カウンセリング終了時期です。

精神的自立が自分の中に
芽生えてきた証拠です。

また自分の価値観を大切にして
自分の判断を信じられるようになった
証でもあります。

カウンセリングを受けるペースや
回数も自分で決めて貰うことが

自分の価値観を信じること = 自信

を取り戻す大切なトレーニングとなると
私は考えています。

悩む前より
心を成長させてみませんか?

6月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

5月の人気記事Best3

1位:自分なりのちょっとした幸せを作る

2位:2回目の休職を経験されている方へ

3位:カウンセリングで心がけていること

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る