悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

先日Bluetoothスピーカを買い換えました。
低音がよく出るようになりました。
Jazzベースの音がよく聞こえます。
いい買い物をしました。

本日は、相手を認めることの
素晴らしさについてのお話です。

連日オリンピックで感動のニュースが
届けられていますね。

その中でも私が感動したのが
体操の内村航平選手と戦った
ウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手の
コメントです。

以下、ニュース記事をご紹介します。

———————————
リオ五輪の体操男子個人総合で
逆転優勝した内村航平(27)に、
記者から「審判の同情を買ったのでは?」
と質問が出たことに対して、
激戦を繰り広げた
2位のオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)が
「それは無駄な質問だ」
と怒りを露わにする一幕があった。

ベルニャエフは、審判の判定に疑問を
挟む余地はないとした上で
「伝説の男と戦えたなんて最高にクールだ」
と、内村を称賛した。

ウォールストリートジャーナルによると、
ベルニャエフは、次のようにも言っていたという。

「コウヘイをハラハラさせるなんて
全然予想していなかったから、
僕はとても幸せなんだ。
このスポーツには、弱い選手なんか誰もいない。
(内村航平という)伝説の男と、
僕らが戦ったという事実があるだけさ。
これは、世界最高にクールなことだと思う。
僕らは一緒に、この素晴らしい
ショーをやり遂げたんだ」

———————————

ベルニャエフ選手に
スポーツマンシップの素晴らしさを
あらためて教えてもらいました。

逆転負けして2位になった
悔しさが当然あったにも関わらず
正々堂々と戦った仲間を認めて
賞賛することは
咄嗟にはできません。

ベルニャエフ選手がいつも
スポーツマンシップに則って
日々努力を重ねてきたからこそ
自然に出てきた言葉なのだと
思いました。

どんな時でも
素直に相手を認めることができる人は
どんな時の自分であっても認めて
受け入れられる心の強さを持っている人です。

ベルニャエフ選手はありのままの自分や
周りの人達をそのまま無条件で
愛せる人なのだと思います。

私もベルニャエフ選手のように
どんな時でも相手を認められる人、
そしてどんな時の自分も受け入れられる人に
なりたいと思いました。

オリンピックは世界中から
1流の人達が集まってきます。

そんな彼、彼女等が
本当にいろんなことを教えてくれますね。
素晴らしい世界の祭典です。

悩む前より
心を成長させてみませんか?

2016年8月29日(月)
名古屋駅近くのカフェで
出張カウンセリングを実施します。

8月の新規メールカウンセリングのお申込み、
名古屋出張カウンセリングのお申し込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

7月の人気記事Best3

1位:カウンセリングルームのご感想

2位:無理して強がらない

3位:気になる相手と仲良くなる方法

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る