悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

昨日の料理レシピの記事の方が
いつもの心理学関連記事より好評です。
もっと頑張ろうと思いました。

本日は信頼関係に関するお話です。

小学4年生になる息子は
結構ワガママです(笑)

親の顔色を伺うことなく
自分のやりたいことを
遠慮なく主張します。

例えば外食時でも妻が頼んだ
デザートを横取りして
全部食べたりします。

親に却下されるかもしれないことも
まずは遠慮なく主張します。

少なくとも息子が
親に対して遠慮なく
自分の意見を言えたり
することはとても良いことだと
思っています。

どんなにワガママを言っても
親は自分を見捨てないという
信頼を子どもが
寄せてくれているからです。

信頼関係を構築しているという点で
子育ては成功していると思っています。

誰かにわがままになれるというのは
信頼関係が結ばれている証拠です。

自分に甘い人も
実は自分自身と信頼関係を結べている
人ではないかな?と思っています。

私は結構自分に甘い方です。

皆さんは自分と信頼関係を結べていますか?

よくあるご質問

 
今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
7月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 
メールカウンセリング内容について
 
6月の人気記事Best3

1位:自分を毎日褒める

2位:仙台出張カウンセリングの件

3位:タイムバジェットについて

2016年人気記事

カウンセラーが相手に寄り添う場合

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る