悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

M1グランプリで
とろサーモンが優勝しました。
独特のスタイルをどんなときも
貫き通していたことが凄いと思いました。
優勝おめでとうございます。

本日は、自己肯定感の低い方に
向けてのお話です。

自己肯定感とは
「自分は生きる価値がある、
誰かに必要とされている」と、
自らの価値や存在意義を
肯定できる感情のこと

です。

自己肯定感が低いということは
自分には生きる価値がない、
誰にも必要とされていない、
自らの価値や存在意義を
肯定できない感情を持つこと

になります。

自分には価値がない
誰にも必要とされていない
と考えてしまう人は
無意識に自分で設定した条件を
満たしていない自分を
認められていないように思います。

例えば、
学校中退、無職、離婚、
病気療養中、ひきこもり
という状況にいる自分は
条件を満たせていないので
存在価値がないのだと
勝手に思い込んでいます。

そもそも人が存在することに
理由も条件も不要であるという
事実を理解する必要があります。

これは全人類全てに当てはまる事実です。

自己肯定感の低い方は
人には存在意義、理由、条件が
あるハズだとの考えに囚われています。

人が存在することに
立派な理由も条件を満たす必要も
誰かの許可も不要です。

市民税を払っていないセミは
夏に公園で鳴いてはいけないのでしょうか?

固定資産税を払っていないイワシは
日本近海を泳いではいけないのでしょうか?

もちろんそれらが
存在することに
誰の許可も理由も
生まれる為の条件を
満たすことも一切不要です。

生き物が存在する
ただひとつの理由は
生まれたからです。
もちろん人も同様です。

人を含む生き物の存在理由は
とてもシンプルです。

自己肯定感が低い方は
自分が存在するための理由や
条件、許可が不要であるという
事実を受け入れる必要があります。

これは我々全ての人に
当てはまる事実です。

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

12月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

よくあるご質問

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

11月の人気記事Best3

1位:カウンセリングメニューのお知らせ

2位:私の恥飯

3位:自分に都合よく解釈する

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る