悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

車の温度計が38度を指していました。
私の記憶では気温が38度になったことを
身近に感じたことはありません。
今年の夏は暑すぎです。

本日は不安解消法のお話です。

不安を取り除こうとしても
中々上手くいかない場合も
あるかと思います。

そんな場合は、
積極的に不安になる時間を
自ら作って不安になることを
おススメします。

人間は天邪鬼なもので
不安を取り除こうと頑張ると
余計に不安を思い出してしまいます。

そこで徹底的に不安になる
時間を自ら作って
どっぷり浸る方法です。

そうすることで
不安になることを自然に
手放せるようになります。

レストランのビュッフェスタイルと
同じように満足するまで
浸ることが目的です。

不安が手放せない人は
不安になる自分を許可していなかったり
不安になることに罪悪感や
後ろめたさを持っているため
いつも十分な不安に浸れていません。

とことん満足するまで
不安にどっぷり浸かってみると
満足して不安になることを
手放せるようになります。

カウンセリングにおいて
相談者さんが弱音や不安を
十分に吐き出しただけで
気分がスッキリし、
不安解消効果があるのも
同じ理由です。

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

よくあるご質問

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

6月の人気記事Best3

1位:父の日に

2位:グループリーグ突破

3位:仕事が合わない場合は

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る