悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

明日は人間ドックです。
バリウム検査後の口の中が
コーティングされるのが
いつも苦手です。

本日は劣等感についてのお話です。

劣等感とは
自分が他人に劣っていると
感じることです。

多くの神経症はこの劣等感を過剰に
埋め合わせようとすることに
その原因があるとも言われています。

私たちは劣等感は悪いものであり
早く解消しなければ
ならないと考えています。

しかし劣等感の解消方法を知らないと
そのまま何年も劣等感を持ち続けて
その結果、自信ややる気が
どんどん無くなっていきます。

自分だけで収まっていれば
まだいいですが劣等感が強くなると
他人の悪口言いふらしたり
自慢をすることで自分の劣等感を
解消しようとします。

そんな劣等感にも
正しい使い道が存在します。

それは劣等感をバネにして
自分のコンプレックスを
克服するための原動力にすることです。

劣等感が強ければ強いほど
その原動力も強くなります。

私の場合は働くことに
違和感や苦痛を感じている自分は
社会不適合者なのだと考えていました。

しかしその劣等感から
余計に自分が
なぜそう感じてしまうのか?
それを解消する方法は?
そうやって自分の劣等感を
克服するための原動力になりました。

結果、心理学を学び
自分の劣等感を解明し
同じように仕事で悩む人を
一人でも減らしていくために
カウンセラーとして
生涯社会貢献をしたいとまで
思えるようになりました。

劣等感も大切な感情のひとつなんですね。

人間の感情にはどれも無駄な
感情などありません。

それぞれの感情の正しい使い方、
向き合い方を学ぶことが大切です。

今、劣等感に振り回されてお悩みの方は
ぜひ私にご相談ください。

こころライフLINE@
友だち追加

YouTube公式ちゃんねる

あなたの悩みをお知らせください。

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

休職の過ごし方マニュアル

お問合せはこちら
info@kokorolife.net

よくあるご質問

各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

10月の人気記事Best3

1位:手を振るだけの動画

2位:自分の夢について

3位:ラジオ収録に参加してきました

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る