悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

働くことは楽しくなければならないを日本の常識にする
適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は去年以上に
沢山の人々とお会いして
心の悩み解消に貢献して
いきたいと思います。

本日は昨年12月29日(土)に開催した
サイコロトークお茶会についてのお話です。

募集人数3名で満席での開催となりました。

こちら開催前の様子です。

90分という短い時間でしたが
お茶を飲みながら
私も含め4人でサイコロトークを
実施させて頂きました。

参加者の方に
なぜ今回サイコロトークに
参加しようと思ったのか?
お尋ねしました。

参加者全員から
参加資格が休職者、
休職経験者限定だったこと
との回答を頂きました。

また2名の方が遠方からの
ご参加となりました。

休職という経験をした者同士が
話し合える場が無いことが
参加の動機づけとなったようです。

以下はサイコロトークに
参加いただいた方からの
ご感想です。

—————————
女性Aさん
休職経験者、休職者同士の
交流の場はなかなかないので
皆さんと話せたのは
とてもよい機会でした。

男性Bさん
youtubeで、
お顔と声は馴染みがありましたので、
初めて会った気がしませんでしたが、
他の参加者さんが女性でしたので、
ちょっと緊張していたかも知れないです。
思いきって、参加してよかったです。

大島さんからの気付き、
参加者さんからの気付き、
リワークの復習からの気付き、
色々とありました。

女性Cさん
聞いてくれる方たちが
同じ苦しみを味わった人だと思うと、
初対面なのに普段なかなか
話しづらいことでも話せました。
また、お互いが話したことに
すごく共感する部分もありました。

—————————

また実際に参加したことでわかった
ご要望や改善提案も頂きました。

—————————
・一人が3分間一方的に話すのではなく、
相づち等、ちょっとした
短い会話形式をいれたほうが良い

・トーク中、ちょこちょこ
雑談タイムを挟むのも良いのかも

・会話の中で気付きが
あったときにメモを取れる時間も
確保しておくといいかも

・サイコロトーク形式ではなく
より雑談に近い、
フリートークのような場もあれば嬉しい

・遠方の方も参加しやすい、
昼呑みのような会合があれば嬉しい

—————————

これらのご意見も踏まえて、
1月は「休職経験者が集うお茶会」を
企画したいと思います。

イメージとしては
お茶を飲みながら、

休職時に辛かったことや
休職時の過ごし方、気分転換法など
大きなテーマで雑談を交えて気軽に
情報交換できる場にしたいと考えています。

大島はファシリテーターとして
参加者の方がバランスよく
お話できるよう調整役として
参加します。

◆ 休職経験者が集うお茶会

日時:1月19日(土)
13:00 より 90分程度
場所:新百合ヶ丘カウンセリングルーム
テーマ:休職中の悩みについて
参加者資格:休職中、もしくは休職経験者
料金:2000円
定員:3名まで

お茶会お申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

こころライフLINE@
友だち追加

毎月メルマガ読者限定の特典配信あり
ブログでは語れない情報もメルマガで発信しています

こころライフ公式メルマガ

 

こころライフインスタグラム

 

YouTube公式ちゃんねる

 

よくあるご質問

各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

12月の人気記事Best3

1位:カウンセラーとしてやっとわかったこと

2位:相談者さんの声 東京都 20代 女性

3位:サイコロトーク問題を考える

2018年人気記事

手を振るだけの動画

24時間Web予約可能です


044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る