悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

◆ご家族が適応障害と診断された場合の対応◆

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

キャンプシーズンがやってきました。
今年も家族でキャンプに出かけます。
夜空を眺めながらビールを飲むのが最高なんですよ。

働いていたご家族が適応障害と診断されて
休職している際、周りのご家族はどう接したらよいか
悩まれている方もいらっしゃると思います。

本日は、適応障害のご家族がいる場合の
接し方について書いてみようと思います。

適応障害のご家族に一番やっては
いけないことは励ましやアドバイスをすることです。

励ましや、アドバイスは本人にとって
自分でもわかっているけど出来ないことなんです。
できなくなったから本人は悩んでいます。

更に本人は自分が悪いからそうなってしまったと
自分を責めています。

ストレスの原因を本人に執拗に聴いたり
気分転換に無理やり何かをやらせようとしたり
病院に無理やり連れていこうとしたりは
しないで下さい。

まずは本人の好きなようにやらせてあげて下さい。
ただ見守っているだけでいいです。

本人が何か話たがっていれば
その話をただ聴いてあげて下さい。

話の聴き方にもコツがあります。
傾聴というカウンセリングで使う聴き方があります。

傾聴を通じて話を聴く必要があります。

アドバイスや励ましや同情を伴う聴き方をしては
逆効果になってしまうので注意が必要です。

私は適応障害のご家族がいる方向けに
傾聴をレクチャーするカウンセリングも実施しています。

傾聴を学ぶことで、適応障害のご家族と
今以上に寄り添えるようになります。

適応障害になったけど自分には
寄り添える家族がいるんだと思って貰えることが
とても大切なんです。

カウンセリングが必要な場合はこちらよりご予約下さい。

ご予約お問い合わせはこちらをクリック

お電話でのお問い合わせ
044-281-5665 (火曜日除く 12:00~21:00)

また、適応障害で休養中の不安解消法について
大島が音声ファイルにて、説明しています。
お時間のあるときに是非聴いてみてください。

音声ファイルによる説明はこちらをクリック

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

適応障害・社会不安障害を克服したい
休職、リストラ、無職、転職が辛い
20代、30代、40代、50代の方が
カウンセリングにて克服しています。

対面カウンセリングでは
神奈川県内の横浜市、川崎市、大和市、相模原市、藤沢市
海老名市、東京都内、町田市、稲城市の方よりご利用頂いています。
Skypeカウンセリングでは
北海道、東北、東海、関西地区の方よりご利用頂いています。

0
いつあき予約
トップへ戻る