悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日はお休みです。
このブログを書き終わったら
スターウォーズのゲームで
遊びたいと思います。

今日は復職後、
仕事を与えられないことに
関するお話です。

数か月間の休職を過ごして
今までの遅れを取り戻す為に
頑張ろうと決意して
復職される方は多いと思います。

しかし実際に復職してみると
今までやってきた仕事を与えられず
簡単な業務をやるよう
指示されることがあります。

復職した本人は、これまで以上に
働こうと決意していたにも関わらず
実際復職してみると、
会社は自分に簡単な仕事しか
与えて貰えない。

これは自分が休職して
戦力にならないと会社に
判断されたからだと
落ち込んでしまう方がいます。

これは大きな誤解です。

多くの組織が
厚生労働省の職場復帰支援プログラムを
元に独自に復職プログラムを作成しています。

test01

復職してきた職員、社員に対して
その復職プログラムを実行しています。

その為、復職後すぐに元の仕事を
いきなり与えられるようなことは
ありません。

復職1ヵ月目あたりは
職場に出勤できることが
当面の目標となります。

その為、仕事は出来るだけ
復職者の負担にならないものを
与えることは珍しくありません。

ただご本人は、
休職した遅れを挽回しようと
元の仕事に早く取り掛かりたい
気持ちが強くなっています。

まずは慌てることなく
復職プログラムに沿って
今ある簡単なお仕事から
始めてみてください。

慌てることはありません。
急がば回れですよ。


今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る