悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今週日曜日に小田急線ロマンスカーと
自動車が踏切内でぶつかる事故がありました。
そこそこ近所の事故だったので驚きました。

本日は2回目の
休職についてのお話です。

相談者さんの中には、
2回目の休職が決定してから
ご相談頂く方が少なくありません。

お話を聴いてみると
1回目の休職中、
職場にこれ以上迷惑を
かけてはいけないという
焦る気持ちに苛まれたようです。

yasumi

そしてお医者さんに無理を言って
復職時期を自己判断で
早めて復職したケースが多いです。

実際無理して復職した結果、
多くの方が数カ月後に
再休職してしまうようです。

そうなった状態で、
私のところに
ご相談頂く件数は
少なくありません。

例えば、
気力が50%を切ると
心が折れて休職状態に
なるとします。

休職することで
気力が55%に回復したとします。

初めて休職した方は、
50%以上の気力が回復した時点で
復職できると
安易に判断してしまいます。

しかしこの状態は
5%のストレス耐性しかない状態です。

その為、復職しても
5%以上のストレス負荷がかかった場合
すぐに気力が50%を下回り、
休職してしまいます。

その為、休職中は自己判断で
復職時期を早めてしまうと
2回目の休職を経験する可能性が
高まってしまいます。

少なくとも休職中は十分な気力が
戻ってから復職する必要があります。

70%気力が回復した時点で
復職すれば20%のストレス耐性を
持つことができます。

1回目の休職の際は
自己判断で安易に
復職時期を早めることだけは
どうか避けてください。

この安易な自己判断が
2回目の休職を引き起こすかもしれません。

また2回目の休職は1回目よりも
長期間の休職時間を必要とします。

何度も言いますが
1回目の休職中は自己判断で
復職時期を早めないようにしてくださいね。

悩む前より
心を成長させてみませんか?

5月の新規メールカウンセリングのお申込み、お問合せはこちら
info@kokorolife.net

044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

4月の人気記事Best3

1位:自分から与え続ける

2位:今ここに生きる

3位:人生相談とカウンセリングの違いとは?

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る