悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

28日はKFCの鶏の日パック販売日でした。
おにぎりダイエットを終了したので
昨夜、仕事帰りに
鶏の日パックを買って食べました。
さっそく調子に乗っております。

本日はカウンセラーとしての理想
についてのお話です。

IMG_6621

カウンセリングにくる
相談者さんの中に
何から何までカウンセラーが
的確なアドバイスをしてくれて
その通りに行動するだけで
自分の問題が解決すると
考えている人が時々いらっしゃいます。

カウンセラーを
占い師さんと同じようなものと
考えているようです。

結論から申し上げると
カウンセリングは
悩み相談所や占い館のような
明確な答えを与えてくれる
場所ではありません。

自分の本心が何を求めているのか
本当は何に悩んでいるのか心を整理して、
自分としっかり向き合う場所になります。

自分自身を見つめることは
中々難しいので、
カウンセラーである私が、
相談者さんの価値観を理解し
相談者さんの
今の心情を伝え返すことで
自分自身をより深く理解する為の
お手伝いをしています。

その上でどうするのか?
どうしたいのか?は
相談者さん自身で
決定していくことになります。

カウンセラー大島は
相談者さんの心を映し出す
鏡に過ぎません。

例えば、
寝癖で髪の毛が立っていることを
鏡を見て認識した際、
その寝癖をどうするかは
本人が決めることです。

鏡はおせっかいにも
髪の毛を整えた方が良いですよと
余計なアドバイスはしません。

鏡は鏡の仕事をするまでです。

心の癖も同じです。
自分と向き合い、
自分の心の癖を認識した後、
どうしたいのかは本人の自由です。

価値観は人それぞれ
自分と他人は違います。

違って当たり前です。

しっかり離別感をもって
自分の価値観を信じて
自分の人生に責任を持って
人生の選択をする他ありません。

偉そうなことを本日は書いておりますが
これは私のカウンセラーとしての
理想の姿となります。

相談者さんの心の鏡には
まだまだなれていません。

この理想に向けてもがき苦しみながら
今後も私はカウンセラーという仕事を
続けていきます。

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

11月の人気記事Best3

1位:変化のサインについて

2位:感謝を味わう

3位:第2回お茶会参加ありがとうございました

2015年人気記事

このブログの記事であなたの心に響いたことは?

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る