悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今年の春ドラマは
「僕運命の人です」を観ています。
主人公のヒロインへのアプローチが
微笑ましくて面白いですね。

本日は愚痴を言ってもよい
時間帯についてのお話です。

悪い言葉を自分の耳で
何度も聞くと、
自己暗示にかかります。

自己暗示とは
催眠術のようなもので
暗示がかかると
365日、24時間無意識のまま
命令がかかった状態になります。

例えば、「自分は仕事が出来ない」
という自己暗示がかかると
自分が仕事が出来ない証拠集めを
無意識のうちに
ずっと行ってしまいます。

特に自己暗示に
かかりやすい時間帯があります。

起きたばかりや寝る直前といった
意識がハッキリしていない時や
心の底からリラックスしている時です。

逆に考えると
これらの時間以外であれば
愚痴を言ったとしても
潜在意識に入りにくい
ということになります。

悩んでいるとき
愚痴を言いたくなるときも
あるかと思います。

愚痴を吐きたいときは
意識がハッキリしていて
緊張状態のときに行ってください。

愚痴を吐いたとしても
その言葉が潜在意識に
届きにくくなっているので
自己暗示にかかる可能性は
低いです。

逆にお酒を飲みながら
くだをまくと
非常に自己暗示に
かかりやすいので
ご注意ください。

愚痴を吐きたいときは
すっかり目が覚めた
午前中の昼食前か
仕事が終わったばかりの
帰宅時間もしくは
夕食前あたりをおススメします。

もしくは私のカウンセリングで
心のもやもやを吐き出すことも
非常に有効です。

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
5月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 

4月の人気記事Best3

1位:千里の道も一歩から

2位:優しい気持ち

3位:4月1日の大島家

2016年人気記事

カウンセラーが相手に寄り添う場合

2016年人気記事

カウンセラーが相手に寄り添う場合

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る