悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

私の好きなラーメン屋さんが
閉店しておりました。
今後も一期一会を意識して
今を味わいたいと思いました。

今日は他人の評価についてのお話です。

悩んでいる方の多くが
自分に対する他人の評価を
非常に気にしています。

他人から否定されたり
責められたりすることを
必要以上に恐れています。

芸人の明石家さんまさんは
賞を受け取らない主義だそうです。

その理由が非常に
納得できるものでした。

まださんまさんが若手の頃、
あるお笑い大賞を受賞することが
内定しました。

しかし若手の頃から
売れっ子だったので
その授賞式にスケジュールの都合上
出席できませんでした。

結果、そのお笑い大賞は
授賞式に出席できる他の芸人が
受賞することになりました。

さんまさんはその時から
賞の選考がいかにいい加減で
適当なのかを悟ったそうです。

それから色んな賞の内定を
貰っても辞退するように
なったとのことでした。

他人の自分に対する評価も
まさに同じことが言えます。

他人を批判したり、
否定したりする人は
非常に無責任な
発言していることが多いです。

その時の気分であったり
独断と偏見から
他人を批判したり否定したり
しています。

全く信憑性のない
ゴシップ記事を鵜呑みにして
政治家や芸能人を批判する
読者と同じです。

もちろん自分にも
心当たりのある他人からの批判は
ありがたいご指摘として
真摯に受け止めるべきです。

しかし自分に心あたりのない
無責任な他人からの批判や否定まで
受け止める必要はありません。

もし他人に心当たりのない
批判や評価を受けたときは
以下の質問を自分にしてみてください。

あなたを批判したり否定する人は
普段自分の発言や行動に
しっかり責任を持つ
タイプの人でしょうか?

答えがNOの場合は
ただ聞き流しておくことを
オススメします。

よくあるご質問

 
今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
9月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 
メールカウンセリング内容について
 
8月の人気記事Best3

1位:自分を責める癖がある方へ

2位:心の癖の解消法

3位:四つ葉が出来る理由

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る