悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日の関東は雪になりました。
午後からすっかり雪景色になりました。
お車がノーマルタイヤの場合、
車移動はお控えください。

本日は休職中の過ごし方に
関するお話です。

休職中の自分は
アイデンティティが喪失しがちなため
ストレスを感じてしまいます。

自分が社会にも所属しておらず
何者でもないような気がして
不安感を覚えます。

そのような状態で
休職期間を過ごしても
心がそわそわして落ちつかない為
中々心を安静にすることが出来ません。

そんなときは
自分に役割を与えることを
オススメします。

例えば、自分に
お風呂の掃除担当という役割を与えてみる。
買い物担当という役割を与えてみる。

家事でなくとも構いません、

資格試験の勉強をして学生という役割を与えてみる。

カウンセリングを定期的に受けることで
相談者という役割を与えてみる。

定期的に運動をするスポーツマンという
役割を与えてみる。

とにかく、今の自分の役割を
自分で認識することができれば
休職中のアイデンティティの喪失による
不安感は解消していきます。

まずは休職中に抱く
漠然とした不安の中に
アイデンティティの喪失が
含まれていることを
認識していただければと思います。

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

1月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

カウンセリングメニューについて

12月の人気記事Best3

1位:私のカウンセリングポリシーについて

2位:自分のことが嫌いな人は

3位:落ち込んでいる方へ

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

0
いつあき予約
トップへ戻る