悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

事務所の近くにある
気になっていた中華料理屋さんで
ランチを食べてみました。
本格中華で美味しかったです。

本日は自信を取り戻す方法
についてのお話です。

自信がない方の特徴のひとつに
言葉使いがあります。

自信がない方は保険言葉を
よく使います。

保険言葉とは
私が勝手に命名したものですが
「一応」、「たぶん」、「とりあえず」
といった責任回避のために
使う言葉を指します。

これらの保険言葉を使うことで
無意識に責任を回避しています。

保険言葉を封印すれば
意識が変わってきます。

一応やってみます
から
やります

たぶん大丈夫です
から
はい、大丈夫です

とりあえず行きます
から
必ず行きます

こんな感じで
自分でしっかり責任を背負うことを
意識して言葉使いを変えていきます。

最初は自分がどれだけ
保険言葉を使っているのか
認識することから
始めてもかまいません。

徐々に保険言葉を
使わないように
していきます。

言葉使いを変えるだけなのですが
かなり意識が変わってきます。

自分の言動に責任が生まれ
言動と行動を一致させる
意識が生まれます。

言動と行動が一致できるように
なると徐々に自信が
出てくるようになります。

私は仕事においては
保険言葉を使わないよう
意識してきました。

私がカウンセラーになる前から
意識してやっていることです。

保険言葉を使うセールスマンから
家や車を買いたいとは思いませんよね?

カウンセラーも含め
医者、パイロット、弁護士、料理人
その他どんな職業にも当てはまります。

保険言葉を使わないためには
覚悟が必要です。

その覚悟こそが自信に変わります。

自信を取り戻したい方は
言葉使いを変えてみてください。

よくあるご質問

 
今の心境を勇気を出して
吐き出してみませんか?

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

◆休職中の過ごし方マニュアル◆

 
9月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net
 
メールカウンセリング内容について
 
9月の人気記事Best3

1位:たまには弱音を吐く

2位:意外な抑うつの原因

3位:かなり嬉しかったこと

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る