悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

青いザリガニとして
育てているショコラが
脱皮する気配がありません。
息子の自由研究が
ただのザリガニ飼育に
なってしまいます。

本日は事例紹介についてのお話です。

守秘義務がありますので
個人を特定されない範囲で
書いていきます。

職場での人間関係のストレスで
仕事を辞めることが多く
ひとつの職場で長続きしないとのご相談。

対面カウンセリングを実施
まずは悩みの主訴を
明確化することに務めた。

彼女は会社員でありながら
特殊な資格があるため転職活動には
いつも困らないとのこと。

ただ職場内に威圧的な人がいると
萎縮してしまいその人の前にいると
仕事が手につかなくなってしまう。

仕事のミスを指摘されるようになると
職場に行くのが段々
怖くなってしまうとのこと。

エゴグラムを実施してみたところ
相談者さんの性格傾向は
ACという他人の顔色を
伺う項目が非常に高く
FCという自分の気持ちを
素直に表現する項目が
かなり低いことがわかった。

この性格傾向は
人間関係でのストレスを
かなり貯めこみやすいタイプであり
転職を繰り返してしまう
ひとつ要因であることがわかった。

相談者さんにエゴグラムの結果を提示し
改善ポイントをデータを使って明確に説明した。

心の癖改善集中トレーニングにて
休職中の3ヶ月間はFCを上げて、
ACを下げる個別トレーニングを
実施することにした。

90分の対面カウンセリングを
隔週毎に実施、FC項目を
向上させるための課題を与え、
カウンセリング時に実施確認を行った。

次回のカウンセリング時に
新たな課題を与えて実施確認を
繰り返すことを3ヶ月間継続した。

1ヶ月毎に、エゴグラムを実施し
徐々にAC項目が下がり、
FC項目が向上していることも
確認していった。

3ヶ月後、エゴグラムでは
FC項目とAC項目が
逆転していることを確認した。

相談者さんは
心の癖改善集中トレーニング実施後、
復職を迎えた。

復職後はメールカウンセリングにて
1ヶ月間サポートを行った。

結果、威圧的態度を取る上司に
そこまで萎縮していない自分を
確認することができた。

他人の目や評価を
必要以上に気にしすぎていた自分を
手放せたことでストレス耐性が
向上していることを自身で確認。

ここでカウンセリングは終了となった。

こちらは1年以上前の
ご相談となりますが相談者さんは
現在も同じ職場で働いています。

休職の過ごし方マニュアル

 

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

よくあるご質問

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

7月の人気記事Best3

1位:ややこしい親

2位:ちょっとした幸せ

3位:やりたいことの見つけ方

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る