悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

今日は定休日です。
夏休み中の息子と任天堂Switchで
遊んでおりました。
マリオテニスおススメです。

本日も事例紹介についてのお話です。

守秘義務がありますので
個人を特定されない範囲で
書いていきます。

相談者さんは東海地方の方で
Skypeカウンセリングでの相談となります。

会社の休職期間は3カ月だが
休職3か月目の今も体調が戻らず
復職するのは厳しいとのご相談。

まずは休職までの経緯を
傾聴にてしっかり聴くことから始めた。

1年前に転職したが転職当初から
職種のミスマッチを感じていたが
40代での転職ということもあり
短期間での2度の転職は厳しいだろう
との想いから我慢して働き続けたが
ストレス負荷が大きくなり
休職されたことがわかった。

また相談者さんはネガティブ思考が強く
思い込みが激しいタイプであることがわかった。

そこで論理療法を用いて
相談者さんのネガティブな思い込みを
事実に基づいてひとつひとう反証していく
アプローチを取ることにした。

また猫背で無表情であることから
行動療法も同時に取り入れて
猫背と表情筋の改善トレーニングも
取り入れた。

2回目のスカイプカウンセリングにて
個別でのカウンセリングよりも
金銭負担の少ない
心の癖改善集中トレーニングに
移行し3か月間集中して
心と身体の改善を図ることにした。

相談者さんの主治医さんより
3カ月の復職は厳しいとの診断を受け
休職期限3カ月以上の休職が必要であること

相談者さんご本人も復職できるほど
体調が戻っていないこと

またカウンセラーとしても
相談者さんの食欲、睡眠、興味関心事に
まだ支障があることを確認していること

休職の原因が職種の
ミスマッチであったことから
退職することを
本人の意思を尊重し選択した。

退職に踏み切れなかった原因も
40代での転職は絶対に成功しない
とのネガティブな思い込みに
あることがわかった。

心の癖改善集中トレーニングの
1ヵ月目は身体トレーニングを
実施し、猫背の改善と
表情筋のマッサージを集中的に行い

2ヶ月目から論理療法を用いて
ネガティブな思い込みを
事実に基づいたビリーフに
入れ替えていく作業を行った。

この時期、
名古屋出張カウンセリングを実施し
相談者さんと名古屋のホテルのラウンジで
対面カウンセリングを1回実施した。

3か月目(全休職期間を合わせると5カ月目)より
相談者さんのストレス負荷が軽減し
心身ともに活動的になってきたので
転職活動を実施した。

相談者さんのライフプランと
キャリアプランを考え
焦りや恐怖から内定が貰えそうな
仕事選びをするのではなく
自分と特性や価値観と合致する仕事選びが
行えるよう就労活動をサポートする
カウンセリングに移行した。

結果、第一希望で
1社目に面接した会社に内定を頂き
就職活動期間は2週間で終了となった。

自分のネガティブな予測は
単なる思い込みであったことを
再認識しカウンセリングは終了となった。

こころライフカウンセリングでは
メンタルサポートだけでなく
就労活動支援も行っています。

こちらの相談者さんからは
その後の連絡を頂いておりませんので
現在も同じ職場で
働いているのかどうかは不明です。

便りがないのは良い返事だと信じています。

休職の過ごし方マニュアル

 

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

よくあるご質問

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

7月の人気記事Best3

1位:ややこしい親

2位:ちょっとした幸せ

3位:やりたいことの見つけ方

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る