悩む前より心が強くなるカウンセリング

適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

本日は餃子の王将鶴川店で
天津飯(京風ダレ)を食べました。
それだけで幸せな気持ちに包まれました。

本日は事例紹介についてのお話です。

守秘義務がありますので
個人を特定されない範囲で
書いていきます。

相談者さんは
対面カウンセリングでのご相談です。

悩みの内容は
グループのリーダーとなり
新人育成を任されるようになったが
新人の1人が短期間で
退職することになった。

相談者さんの上司より
新人が退職する理由について
色々と質問を受けることで
自分が責められているような
自分のこれまでのやり方を
否定されたような気持ちになり
職場に行くことが
出来なくなってしまった。

相談者さんはとても真面目で
仕事熱心なタイプであることが
カウンセリングを通じてわかった。

また1ヵ月の休職で復職したいと
考えている。

職場にこれ以上の迷惑は
かけたくないとの思いが強く
休職している今の自分を
強く責めていることもわかった。

これらのことを踏まえ
論理療法を用いて
相談者さんの思い込みを
ひとつひとつ検証していくことにした。

まずは1ヵ月の休職期間で
復職することが可能かどうかを
検証することにした。

担当医から
1ヵ月での復職診断が
出ていないこと

食欲、睡眠、興味関心事が
ここ数日支障なく
行えているか確認したところ、
睡眠と興味関心事に
支障があること

また焦る気持ちから
復職を自分の判断で早めて
再休職する方が多く
結果、復職期間が予定以上に
伸びてしまう事例を説明

相談者さんも焦りの気持ちから
復職を早めようとしていたことを認識し
休職延長することを了承した。

休職期間中、
その後対面カウンセリングを3回実施した。

相談者さん自身を苦しめている
ビリーフをひとつひとつ検証し
論理療法を用いて、現実に即した
ビリーフに置き換える作業を行った。

結果、上司からの質問も
短期間で辞めた新人についても
必要以上に自分を責めすぎていたことを
自覚できるようになった。

復職1週間前からはメールカウンセリングにて
復職後のサポートを実施、
その後、カウンセリングは終了となった。

相談者さんは現在も同じ職場で
働いておられます。

サイコロトーク実施のお知らせです。

以下のような方に最適です。

・カウンセリングは敷居が高いと感じている方
・人前で話すことが苦手な方
・人の話を聴いてみたい方
・悩むほどではないけれど話を聴いて欲しい方
・サイコロトークをやってみたい方
・土曜日の午後が結構暇な方
・面白そうだから
・秋だから

開催日時:9月8日(土)13:00〜
場所:新百合ヶ丘カウンセリングルーム
参加料金:2000円

参加希望の方はこちらまで
メールをください。
info@kokorolife.net
メールにはサイコロ参加希望と書いてお名前と連絡先もお知らせください。

あなたの悩みをお知らせください。

こころのもやもやを吐き出してみませんか?

 

休職の過ごし方マニュアル

 

よくあるご質問

今月の新規メールカウンセリングのお申込み、
お問合せはこちら

info@kokorolife.net

メールカウンセリング内容について
各種カウンセリングメニュー・料金の詳細はこちら

8月の人気記事Best3

1位:中年の危機について

2位:助けを求める生き方

3位:信じるということの大切さ

2017年人気記事

いつもと違う行動をする

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害克服専門カウンセラーの大島まさあき

いつあき予約
トップへ戻る