悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

働くことは楽しくなければならないを日本の常識にする
適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

炊飯器を買い替えてから
明らかにご飯を食べる量が増えました。
結果、太ってきました。

本日は心の癖についてのお話です。

他人の顔色を伺う癖がある人は
自分の本心を隠す傾向があります。

自分の本心を隠しつつ
他人に合わせることが多いと
どうしてもストレスを抱えやすくなります。

これを改善する為には
自分の本心をオープンにしていくことが
必要です。

その始めの一歩として
言葉使いを変えてみることを
オススメします。

言葉使いといっても
大きく変化させる必要はありません。

とても簡単な言葉使いの変化を
取り入れるだけです。

それは感嘆詞を使うことです。

これだけです。

感嘆詞とは
感情を伴うときに使う言葉のことです。

「へー」
「うわー」
「すごい」
「えー」
「ほー」

自分の気持ちとリンクした
感嘆詞を意識して使ってみてください。

すると自分の気持ちを
オープンにすることに
自然と慣れていきます。

自然に自己開示が出来るようになれば
他人の顔色を伺う癖は
徐々に軽減していきます。

他人の顔色を伺う癖があると
思える方はぜひ感嘆詞を
会話の中で意識して使うように
してみてください。

カウンセリングを受けたことがない方を対象に
お試しカウンセリングメニューを追加しました。

お試しカウンセリング

こころライフLINE@
友だち追加

お仕事の悩み解消 5日間メールセミナー

無料メールセミナー

 

こころライフインスタグラム

 

YouTube公式ちゃんねる

 

よくあるご質問


カウンセリングメニュー詳細はこちら

4月の人気記事Best3

1位:相談者さんの声 奈良県 40代男性

2位:瞑想の効果について

3位:頼まれごとは試されごと

2019年人気記事

相談者さんの声 神奈川県40代男性

24時間Web予約可能です


044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害

1+
いつあき予約
トップへ戻る