悩む前よりあなたの心が強くなる 適応障害、うつ病、休職、退職、仕事の悩み専門カウンセリング

働くことは楽しくなければならないを日本の常識にする
適応障害克服専門カウンセラーの大島まさあきです。

近所の桜がちらほら咲いてきました。
今年は開花が早いです。
ただお酒を飲みながらのお花見は
全国で自粛になりそうです。

本日は私自身の甘えに関するお話です。

人には母子一体感といって
子どもの頃、母親に対して
何も言わなくても理解してくれる
わかってくれるという
甘えの心理が働きます。

赤ちゃん時代は言葉も話せないため
当然備わっているものなのですが
大人になってもこの母子一体感を
手放せない人がいます。

私もまだこの母子一体感が残っていた
お話をしたいと思います。

最近、フィットボクシングという
任天堂Switchのソフトを使って
室内で運動をしています。

運動不足もあって
普段使っていない部位を使うように
なったからなのか
足のかかとが痛みだしました。

先日朝起きたら、
足のかかとが歩くだけで
かなりの痛みが走るようになりました。

しかし歩けないわけでもないので
家族の誰にも言わずに
普段通り過ごしていました。

家族で出かけることになり
足の痛みを隠しながら
歩いていたのですが
歩く度に痛みが走りました。

そんな足の痛みのことを
当然知らない妻や子どもは
すたすたといつも通りの早さで
歩きます。

その時、自分勝手なのですが
足の痛みがある自分に配慮することなく
すたすたと歩く家族にイラっとしました。
またわかってくれない状況に苦しさを覚えました。

その瞬間、カウンセラーの性ですね。
「あ、これ母子一体感だ」と気が付きました。

自分の中にある甘えの感情だと
気が付きました。

家族には何も言わなくても
歩いているフォームや速度から
私の足の痛みを察してくれて
当然だと思っていたのです。

そこで家族に
実は足のかかとが朝から痛くて
歩くのも辛いんだと2人に伝えました。

妻も息子もかなり心配してくれ
歩くペースも自分に合わせてくれました。

母子一体感を手放して
しっかり自分の今の気持ちを伝えることで
問題は解決しました。

私の場合、結婚生活が長くなると
妻に対して母子一体感の甘えの感情が
出てしまいました。

「親しき仲にも離別感」

昔カウンセラーの師匠から
教えて貰った言葉です。

まだまだ教えが身についていませんでした。
今後も精進します。

カウンセリングを受けたことがない方を対象に
お試しカウンセリングメニューを追加しました。

お試しカウンセリング

こころライフLINE@
友だち追加

お仕事の悩み解消 5日間メールセミナー

無料メールセミナー

 

こころライフインスタグラム

 

YouTube公式ちゃんねる

 

よくあるご質問


カウンセリングメニュー詳細はこちら

2月の人気記事Best3

1位:好きなことをやろう

2位:苦手意識を克服するために

3位:そのままの自分を出そう

2019年人気記事

相談者さんの声 神奈川県40代男性

24時間Web予約可能です


044-281-5665 (火曜日除く 10:00~21:00)

最後まで読まれた方は
「いいね」ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです。

公式ホームページはこちら
川崎市 新百合ヶ丘 こころライフカウンセリング

適応障害・社会不安障害

1+
いつあき予約
トップへ戻る